暇過ぎて陸マイラーになりました。

ミリオンマイラー修行・SFC修行・PP単価・マイルの貯め方・クレジットカードとか

プレミアムメンバー事前サービス@SFC修行のコスパが良くなる

スポンサーリンク

ANAプレミアムメンバー事前サービスは、SFC修行のコスパが良くなるので、節約修行僧の方は、活用したほうが良いと思います!!

プレミアムメンバー事前サービスを利用すると、SFC修行のコスパがどれくらい良くなるのか数字を出してみました。

 

ANAプレミアムメンバー事前サービス

f:id:piropiro0123:20170116193012j:image

SFC修行の場合は、30,000ptを獲得し、ブロンズ会員の事前サービスを利用しましょう!!

 プレミアムメンバー 事前サービス | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

 

事前サービスは最短でいつから利用できるのか

f:id:piropiro0123:20170116192432j:image

4月中旬から利用可能です。

追記

マイレージクラブセンターに確認したところ、4月から利用可能だそうです。

ただ4月にステータスカードを郵送するので、4月中旬から利用可能と表記されているそうです。アプリがある方は、4月から利用できると思います!

4月中旬以降は、プレミアムポイント条件達成後、2〜3日後から利用可能です。

プレミアムポイントは翌日にはアプリに反映されるので、4月中旬以降は翌日から利用できるとの情報もあります。

 

残り20,000PPのコスパを良くする

事前サービスを利用して、ブロンズ会員(30,000PPを獲得し)になると、残り20,000PPのコスパを良くすることができます。

その理由は、ブロンズ会員になると

①ボーナスマイル

②スカイコインの交換率

が増える(上がる)からです。

 

ボーナスマイルが増える

飛行機を有償で乗ると、マイルがもらえます。

※那覇ー羽田プレミアム旅割28

f:id:piropiro0123:20170116193947j:image

もらえるマイルはフライトマイル+ボーナスマイルです。

f:id:piropiro0123:20170116194203j:image

フライトマイルは、

区間マイレージ✖️クラス・運賃倍率なので、プレミアムメンバーがどうかは関係ありません。

 

ボーナスマイルは、

フライトマイルにプレミアムステイタス又は利用カード別積算率を乗じたマイルですので、プレミアムメンバーか否かが影響してきます。

 

ボーナスマイル表(那覇ー羽田間プレミアム旅割28のフライトマイルは1,230マイル)

  ANA一般 ANAゴールド 一般&ブロンズ ゴールド&ブロンズ
積算率 10% 25% 40% 45%
ボーナスマイル 123 307 492 553

 

30,000PPは同じボーナスマイルなので、残り20,000PPを事前サービスを利用しない場合と事前サービスを利用した場合を比較します。

また、わかりやすくするために、那覇ー羽田間のプレミアム旅割28(2,860PP)で20,000PP達成したとします。

20,000PP➗2,860PP=7回の搭乗

 

①事前サービスをしない(できない)場合

ANA一般カード

123マイル✖️7回=861マイル

ANAゴールドカード

307マイル✖️7回=2,149マイル

 

②ブロンズ会員の事前サービスを利用し、残りの20,000PPを獲得した場合

ANA一般カード➕ブロンズ会員

492マイル✖️7回=3,444マイル

ANAゴールドカード➕ブロンズ会員

553マイル✖️7回=3,871マイル

 

  ANA一般 ANAゴールド 一般&ブロンズ ゴールド&ブロンズ
ボーナスマイル 123 307 492 553
7回搭乗 861 2,149 3,444 3,871

 

ANA一般カードの方が、事前サービスを利用すると2,583マイル多く獲得できます。

ANAゴールドカードの方が、事前サービスを利用すると1,722マイル多く獲得できます。

 

スカイコインの交換率を上げてコスパを良くする

SFC修行している方は、ポイントサイト等でマイルを貯めて、そのマイルをスカイコインに交換し、航空券を購入している方が多いと思います。

とすると、スカイコインの交換率は非常に重要です。

 

ブロンズ会員になると50,000マイル以上交換で交換率が1.7倍になる。

事前サービスを利用しブロンズ会員になった後に残り20,000PP分のスカイコインを交換した場合とブロンズ会員にならずに交換した場合を比較します。

 

まず、20,000PP獲得するために必要なスカイコインはどれくらいか?

PP単価10円だとすると、200,000スカイコインが必要です。

 

では、200,000スカイコインと交換するためには、どれくらいマイルを貯めなくてはならないか?

 

交換率が1.7倍の場合(ブロンズ会員)

200,000➗1.7倍=117,647マイル

 

交換率が1.6倍の場合(ANAゴールドカード)

200,000➗1.6倍=125,000マイル

125,000➖117,647=7,353マイル

 

交換率が1.5倍の場合(ANA一般カード)

200,000➗1.5倍=133,333マイル

133,333➖117,647=15,686マイル

 

このように、事前サービスを利用しスカイコインの交換率を上げることで、

ANA一般カードの方は

15,686マイル

ANAゴールドカードの方は

7,353マイル

お得になります。

 

まとめ

事前サービスを利用すると、ボーナスマイルとスカイコイン交換率の増加で

ANA一般カードの方は、

2,583➕15,686=18,269マイル

ANAゴールドカードの方は、

1,722➕7,353=9,075マイル

のお得になります!!

 

4月までに50,000PP獲得し、SFC修行を解脱するのではなく、4月までに又は4月以降に30,000PP獲得し、ブロンズ会員の事前サービスを利用し、スカイコインの交換率を高め、かつ、ボーナスマイルを多くもらい、SFC修行のコスパを良くしたほうが良いのではないでしょうか!

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
新規入会で1,000ptボーナス! | ハピタス